SEとしてのキャリア

COBOL言語でのPG、SEを20年以上経験、今は社内SEを引退してWEBデザイナー系へ転職を希望中

20年くらいCOBOLでSE,PGやってました

20年前に正社員として中規模クラスのIT企業に就職しました。

当時は汎用機が全盛の頃で、研修で受ける言語もCOBOLのみです。社内のマシン室には大型汎用機があり、プログラムから印刷される帳票もマシン室まで取りに行かねばなりませんでしたし、データのバックアップなどもテープでした。パソコンなどもありませんし、仕様書の作成なども手書きかワープロです。今から考えると隔世の感がありますね。

入社してすぐに別の会社へ出向になり、自社では富士通系の汎用機を使用していましたが、出向先ではIBMの汎用機だったため、研修で習ったことが通用しませんでした。言語自体はCOBOLですのでプログラミングに関してはさほど問題はありませんが、プログラムのコンパイルの仕方、JCLの書き方、エディタの使いかたなど全く異なっており、慣れるまで時間がかかりました。しかし新しいことを覚えるのが好きだったこともあり、あまり苦労だとは思いませんでした。それに、一緒に出向に行っていた先輩社員の方たちがとても優しくて休憩時間(3時におやつ休憩など今では考えられませんが・・)にみんなでじゃんけんして負けた人がジュースを買いに行くなど、仕事はきつかったはずなのに、覚えているのはなんとなくのんびりしていて楽しかったと言うことですね。当時は新入社員でしたし、客先とのやり取りなどがなかったせいもあるかもしれません。

別の仕事ではオフコンで開発することもありました。コンピュータやプリンタなども小型になり記憶媒体もフロッピーなどが使えましたし、かなり小回りが利くようになりました。この頃には客先と打ち合わせや納品などもするようになりだんだん大変さもわかるようになってきていました。

しばらくしてWindowsでの開発が行われるようなるとパソコンが取り入れられるようになってきました。最初はオフィスに2台くらいしかなくwindowsを使える人もほとんどいませんでした。私が社内でも最初の頃に使い始め、新しいことがやれるのが嬉しくて張り切っていましたし、大変ながらも仕事も楽しいと感じていました。そのうち、最初は何人かに一台だったパソコンもあっという間に一人一台割り当てられるようになり、仕事をする上ではとても集中しやすくなりました。10年前くらいからVBやJAVAなどの仕事も増えてきましたが、この頃になると私もベテランと言える年齢になっていますからなかなか新しい分野を割り当てられなくなってきます。システムの仕事に長いこと携わっていると新しいことをどんどん入ってきますし、私も新しいことをしたいと思っていましたが、それ以前の仕事の保守などをまかされるようになり希望はなかなかかないませんでした。結果としてCOBOL以外の言語を使いこなすことが出来るようにならず、仕事に対してのモチベーションも次第に下がっていきました。

今後の目標

結局社内SEの仕事はやめてしまいました。もうIT系の仕事はやりたくないし出来ないと思っていましたが、結局他のことはできそうにありません。もう一度新たなことを勉強して今度はWEBデザイナーを目指そうと思っています。