SEとしてのキャリアパス

26歳からWEBプログラマとなり、詳細設計、外部設計、基本設計とキャリアアップ。今後はPLをめざしたい。

入社7年目のWEB系SE・PG

わたしがこの業界に転職したのは26歳の時です。

IT関連に転職する人は多いですが、専門学校卒、大学卒の人に比べると4~6年ほど出遅れているので、必死に勉強しました。

入社時の研修では、少しでもわからない事、納得できない事があれば講師役の人に質問に行き、休みの日は参考書やインターネットで調べながらですが、自宅にサーバーを構築し、簡単なWEBシステムを構築しました。

入社1か月は新人研修で、プログラミングの基礎を学び2か月目からは、先輩の元でOJTを行いました。初めてのプロジェクトは大手家電メーカーの人事評価システムを担当しました。言語はJAVA、フロント周りはJSP、HTML、データベースはオラクルでした。

一本目のプログラムは、わたしのスキルも考慮して10日でスケジュールを組んでくれましたが(普通のプログラマーだと3日程度と後で聞きました。)、なかなか思うように作業が進まず、毎日泣きそうな思いをしながら会社に通っていました。定時は6時でしたが、だいたい終電に間に合う11時過ぎまで働いてなんとか仕上げる事が出来ました。そこからプロジェクトリーダーの承認があったのですが、不具合が多々あり、心が折れそうになりましたが、まわりの先輩たちに助けられて、なんとかそのプロジェクトを乗り切る事が出来ました。

新たなプロジェクトでは、同じWEB系システムの開発でしたが、言語がVB.NETとなり、今までと勝手が違う事に戸惑いました。コーディング方法を一から調べながらの作業でしたが、プログラミングの考えは多少身についていたので、納期や品質も、初めてのプロジェクトに比べると格段に良くなっていました。

その後、2年間ほどはプログラマーとしてJAVAをメインとした開発に携わり、3年目からは徐々に設計も任されるようになりました。詳細設計、外部設計、基本設計とキャリアアップする事が出来、最近では、お客様との折衝にも参加し(補佐的な扱いですが。)、要件定義を行っています。

今後の目標

今後の目標としましては、直近ではプロジェクトリーダーを任されるようになりたいと思います。サブリーダーの経験はあるのですが、そこから、なかなかリーダーを任せてもらえないので、自分にはなにが足りないのかを考え、日々スキルアップできるように心がけています。またわたしは、先輩に恵まれていたので、今後入ってくる新入社員などの教育にも携わり、後進の育成にも力を入れ、会社に恩返しできるようになりたいです。